MENU


MAIL

豊田院

安城院

愛知でケミカルピーリングによるニキビ・ニキビ跡治療をお考えの方へ

ケミカルピーリングとは、フルーツ酸の一種であるグリコール酸などの酸を塗り、表皮の古くなった角質を化学的に融解して剥離、除去し、肌を生まれ変わらせる治療法です。当院ではAHA(フルーツ酸)を使用しています。

ケミカルピーリングの歴史は古く、古代エジプトでは、クレオパトラが皮膚を滑らかにするために、乳酸のサワーミルクの湯に入浴していたと伝えられています。その後、欧米での研究が進み、日本においては1994年よりケミカルピーリングが広まりました。

「酸」というと肌を溶かすイメージを抱きがちですが、実際は代謝の低下している肌に対して、角質と角質の接着をゆるめ、古い角質をはがれやすくする働きがあります。この治療に伴う軽度の炎症反応によって表皮再生を促進させ、さらには角化細胞の形状や配列を整え、角質層の構造および機能を改善させる作用が得られ、本来のきめ細かでハリのある肌の組織構成に戻す効果があります。
この作用により、しみやくすみ、にきびの改善に効果があります。特に、にきびには高い効果が認められています。

こんな方におすすめ
  • 顔にシミがある
  • お肌のくすみを感じる
  • そばかすが気になる方
  • ニキビ痕消したい
  • 日焼け痕がなかなかひかない
  • 肌のごわごわが気になる
  • 肌のざらつきが気になる
  • 顔の小じわたるみが気になる
  • お肌のハリお肌が弱ってきたなと思う

ケミカルピーリングの施術方法

25歳を過ぎた頃に始まるお肌の老化は、しみ、しわ、肌のくすみなど、若い頃の肌とは比べようもなく多くなります。これは、遺伝子に組み込まれた「加齢現象」と呼ばれる情報で、この情報によって皮膚の新生される速度が遅くなり、その結果、紫外線や活性酸素などで壊された古くて汚れた皮膚細胞が、角質として表面に残っている状態になります。

ケミカルピーリングは、にきびを始め、にきび痕、しみ、しわ、くすみ、開いた毛穴に効果的な治療方法です。形成外科医によって研究開発されたフルーツ酸を使い、古い角質を取り除き、にきびをできにくくし、同時に肌に潤いを与え、皮膚の新陳代謝を促します。高濃度のピーリング剤は、医師の処方のもとで安全に処方されます。数種類のピーリング剤から、ひとりひとりの皮膚にあったものを使い分けるので安心です。

ケミカルピーリングの施術方法

  • 1.問診・洗顔・マーキング

    まずは、問診をしてお客様の要望などを施術前の最終チェックとして行います。
    その後、洗顔します。

  • 2.ピーリング剤の塗布

    お肌に合わせた濃度の薬剤(10%~30%)のAHA溶液を塗布します。放置時間は15秒から2分間です。 少し刺激を感じますが極わずかな時間です。

    効果
    • 膿んでいるニキビは芯が出ます。
    • 毛穴につまった汚れを取り除きます。
    • シミや小ジワを減らし、お肌を滑らかにします。
    • 日焼けしてダメージを受けた細胞は取り除かれます。
  • 3.イオン導入

    イオン導入でお肌を整えます。

    イオン導入とは?

    ビタミン類は分子が大きいため皮膚から吸収されませんが、電気的に導入することで吸収されるようになります。又、ピーリング後のイオン導入は非常に効果があります。

    イオン導入詳細はこちら

施術後の注意

  • 施術部位の安静を保ち、洗顔する際は石鹸をよく泡立てて、やさしく洗うように心掛けて下さい。
  • ピーリング後は日焼けしやすくなっているので、紫外線対策をしっかりと行ってください。
  • 日焼け止め(SPF20,PA2++位)の外用を行ってください。
  • 施術後数日は肌が乾燥し易くなっているので、保湿をしっかり行ってください。
  • 施術当日の入浴・サウナは避けてください。

併用治療で相乗効果

さらにピーリング効果を高めたい場合(特に美白)

グリコール酸で古い角質を取り除いた後、乳酸ピーリングを併用することで、より高い美白、美肌効果と保湿効果が得られます。

ピーリングを併用治療で相乗効果が期待できる他の施術

<イオン導入>:皮脂の抑制、コラーゲンの生成促進、活性酸素の除去などの効果により、毛穴の開き、にきび、にきび痕などのトラブル肌、敏感肌、しわ、くすみなどの老化肌にも大きな効果を上げています。

イオン導入で効果UP

高濃度ビタミンCイオン導入でお肌ツルツル

美容全般のために決して欠かせない成分と言えるのが、ビタミンC(アスコルビン酸)です。マリアクリニックでは、最も経皮吸収率の良いリン酸アスコルビン酸のビタミンC誘導体を、イオン導入器を用いて皮膚内に浸透させます。ただ肌に塗るのだけではなく、イオン化された水溶液を微弱電流を利用して、皮膚の中に浸透させていく方法ですので、ビタミンCへの皮膚への浸透を飛躍的に高めることができます。

この治療は、皮膚の抑制、コラーゲンの生成促進、活性酸素の除去などの効果により、毛穴の開き、にきび、にきび痕のトラブル肌、敏感肌、しみ、しわ、くすみなどの老化肌にも大きな成果を上げています。

ビタミンCイオン導入のメリット

にきび痕の修復、小じわなどの回復

コラーゲンの合成促進作用により、にきび、にきび痕を目立たなくしたり、小じわなどの回復効果があります。また、エラスチンとコラーゲンの結合を強め肌の弾力を保ちます。

肌の老化防止

肌の老化やガンの原因となる活性酸素を除去します。

美白効果

色素沈着の原因となるメラニンの生成を抑え、有色メラニンを無色メラニンに還元するため、しみ、くすみを取り除き美白効果があります。

にきび治療

皮脂や過酸化脂質の生成を抑えるためのにきび治療に効果があります。

ビタミンC配合の化粧品との違い

市販されているビタミンC入りの化粧品の多くは、プロビタミンCではなく、皮膚からは吸収できないビタミンCが配合されています。また、美白剤として販売されているものに含まれているプロビタミンC濃度は微々たるもので、効果の割には、クリニックで使用するプロビタミンCの数パーセント程度の効果しかないので注意が必要です。

施術例

ニキビの症例

before
after

毛穴の症例

before
after

法令線の症例

before
after

しみの症例

before
after

マリアクリニック安城院

住所

安城市三河安城東町1-27-32
ステータスビル2F


アクセス

JR三河安城駅東口より徒歩12分


電話番号

0566-72-5555
火~土 10:00~19:00 受付


詳細を見る

マリアクリニック豊田院

住所

豊田市神田町1-7-7 1F


アクセス

名鉄三河線
豊田市駅西口より徒歩10分


電話番号

0565-36-4111
火~土 10:00~19:00 受付


詳細を見る