MENU


MAIL

豊田院

安城院

シミと肝斑の違い

しみと肝斑の違いと対策方法

最近じわじわと知られるようになった「肝斑」。しみの一種ですが、一般的なしみ対策とは少し勝手が違います。それぞれの発症の仕方や見分け方、治療方法を正しく理解し、お肌を改善していきましょう!

肝斑の原因

肝斑の原因

しみの原因は紫外線、肝斑は女性ホルモンのバランスが影響

肝斑はシミの一種ですが一般的なしみとは原因が異なります。

一般的なしみの原因は紫外線によるメラニンの活性化であり、日光黒子・老人性色素斑とも言われます。一方、肝斑は妊娠や経口避妊薬で発症・悪化することから、女性ホルモンのバランスやストレスが影響していると考えられます。しみは加齢とともに誰にでも発症しますが、肝斑は30~50代の女性に多く発症します。

肝斑の特徴

肝斑は左右対称に現れ、しみとよく似ています

肝斑は基本的に顔の左右対称に発症します。形としては、「筆で線や帯をかいたような形」、「小さな逆三角形」、「蝶の羽根」、「地図のような広がり」と言われています。以下のポイントを参考にしてみてください。

1.下まぶたの肝斑

1.下まぶたの肝斑

目の下にクマのように広がる形の肝斑です。目の下から頬全体まで広がるほど面積が広くなるケースもあり、顔全体がくすんで見えることから改善したいと考える方が多いようです。

2.目尻の肝斑

2.目尻の肝斑

目尻あたりに、頬骨に沿って現れる小さ目の肝斑です。頬の一番高いところであるため紫外線を受けやすく、日光黒子も同時に発症しやすい場所です。

3.口元、眉上の肝斑

3.口元、眉上の肝斑

鼻下や眉間など顔の中心に現れる肝斑です。症例としてはあまり多くありませんが、日光黒子と間違えやすいので要注意です。

肝斑の対処法

適切な治療を行うために、ぜひ一度カウンセリングを

しみと肝斑を見分けるのは非常に難しく、しみと肝斑が重なり合って濃いくすみになっているケースもあります。
しみ治療にはメラニンにダメージを与えるレーザー治療が効果的です。一方、肝斑はメラニンを原因としていないためレーザー治療では改善できません。肝斑治療は、内服薬や外用剤で効果が期待できます。

当院では、しみ治療についてレーザー治療を始めフォト美肌フェイシャルやピーリング治療を行ない、肝斑治療については細胞の若返り効果のあるプラセンタ注射や内服薬、外用剤をおすすめしております。

ケミカルピーリングの詳細

しみと肝斑について正しい診断、適切な治療を行うために、一度クリニックで診察を受け、一緒に治療法を考えていきましょう。

シミ・そばかす治療TOP

マリアクリニック安城院

住所

安城市三河安城東町1-27-32
ステータスビル2F


アクセス

JR三河安城駅東口より徒歩12分


電話番号

0566-72-5555
火~土 10:00~19:00 受付


詳細を見る

マリアクリニック豊田院

住所

豊田市神田町1-7-7 1F


アクセス

名鉄三河線
豊田市駅西口より徒歩10分


電話番号

0565-36-4111
火~土 10:00~19:00 受付


詳細を見る