MENU


MAIL

豊田院

安城院

安城・豊田でシミ・そばかすのレーザー治療をお考えの方へ

あなたのシミはどのタイプ?

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)
  • 薄茶色をしている
  • 輪郭がはっきりした、円形や楕円に近い形
  • それぞれ大きさが違う
  • 30代以降に気になり始めた

そばかす

そばかす
  • 頬や鼻に小さな斑点が散らばっている
  • 左右対称に存在している
  • 家族や親戚も同じ症状がある
  • 春~夏にかけて色が濃くなる

肝斑(かんぱん)

肝斑(かんぱん)
  • 頬骨に沿って左右対称に存在している
  • はっきりせず、もやっと広がっている
  • 肌のくすみのようにも見える
  • 30~40代になって気になり始めた

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)
  • 薄茶色~黒に近い色をしている
  • ホクロのようにも見える
  • 隆起してザラザラしている
  • 加齢とともに数が増えてきた
シミ・そばかすのレーザー治療は愛知県のマリアクリニック豊田院・安城院にご相談ください

「どんなシミかわからない…」
「これって本当にシミ?」
「きちんと診察を受けたい!」

という方は、無料のカウンセリングでご相談ください。

ご予約はこちらから

シミを治す近道はシミを知ること!

愛知県のマリアクリニック豊田院・安城院がシミについて解説

顔や体にいつの間にかできてしまうシミ。気になりますよね。
中には市販薬や化粧品でケアしている方もいらっしゃることでしょう。
それでシミが薄くなる気配がなければ、ケア方法が合っていないのかもしれません。

実はひと口に「シミ」と言っても、いくつかの種類に分けられることをご存知ですか?
そして、シミを治すにはシミの種類に合った治療法の選択が重要です。
「シミを消したい!」と思うのならば、まずはご自身のシミについて知ることが大切です。

ここでは、シミの種類とそれぞれのシミの特徴や原因、治療法を詳しくご説明いたします。

老人性色素斑
(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑の特徴

老人性色素斑

一般に「シミ」と認識されているのは「老人性色素斑」と呼ばれるものです。
見た目の特徴は、薄茶色で輪郭ははっきりしており、円形や楕円形に近い形をしています。大きさは小さいものから大きいものまで様々です。

40代以上の患者様が多いのですが、早くて20代でできる人もいます。男女問わず、60代以上ではほとんどの人にできる、とても身近なシミです。
老人性色素斑ができやすい場所は、顔や手の甲など紫外線を浴びる時間の長い部位です。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑は、別名「日光性色素斑」とも呼ばれ、その名の通り日光(紫外線)によってできるシミです。また、加齢によるターンオーバー(肌代謝)の乱れも一因となります。

シミの正体は「メラニン色素」という色素ですが、メラニン色素自体は有害なものではなく、紫外線から肌を守る大事な役割を担っています。
紫外線を浴びると、紫外線から肌を守るためにメラニン色素が産生されますが、通常はターンオーバーによって古い角質とともに排出されます。

ところが、紫外線をたくさん浴びて過剰にメラニン色素が産生されてしまうと、排出が追いつかなくなり、シミになってしまいます。
また、加齢でターンオーバーのサイクルが遅くなると、やはりメラニン色素が蓄積してシミができてしまいます。

老人性色素斑の治療法

フォト美肌フェイシャル おすすめ

シミの数や範囲が広い場合でも、肌に負担をかけずにメラニン色素を排出できます。お肌本来の修復する力を引き出すことが特徴の治療です。

CO2レーザー

シミの数が少ない場合は、一度のレーザー施術でシミを取りきることも可能です。ただし、照射した部分がかさぶたになってしまうのと、ガーゼなどで患部のケアがしばらく必要になるデメリットがあります。

成長因子ピーリング

シミが薄くなるまでには時間がかかりますが、シミだけでなく肌全体の若返り効果が期待できる治療です。敏感肌の方にもおすすめのピーリングです。

美肌再生レーザーフェイシャル

ピーリングと同様に、シミが薄くなるまで時間はかかりますが、小じわや毛穴の開きなども同時に改善できます。お肌のお悩みが多い方におすすめです。

シミ治療についてもっと見る

そばかす

そばかすの特徴

そばかす

そばかすは、頬や鼻に小さなシミがたくさんできている症状です。顔だけでなく、首や肩など体にできる場合もあります。すずめの卵の模様に似ていることから、「雀卵斑(じゃくらんはん)」とも呼ばれています。
幼少期から思春期に発症し、成人後に薄くなったり消えたりする場合が多いのが特徴です。
白人に多くみられるシミですが、日本人でも色白の人にできやすい傾向があります。

そばかすの原因

そばかすの原因としては「遺伝」が挙げられます。両親にそばかすがある人、または両親が子供の頃にそばかすがあった人は、そばかすが出やすい傾向があります。

そばかすの治療法

そばかすは大人になって自然になくなる場合もありますが、治療で治すことも可能です。

フォト美肌フェイシャル おすすめ

数が多く広範囲なそばかすを一度に治療することができます。透明感のある色白肌になりたい方に最適です。

美肌再生レーザーフェイシャル おすすめ

そばかすはスポット治療よりも顔全体を治療できるものが向いているため、こちらもおすすめです。お疲れ肌もワントーン明るく導くことができます。

そばかす治療についてもっと見る

肝斑(かんぱん)

肝斑の特徴

肝斑(かんぱん)

肝斑は、頬などに左右対称にもやっと広がってできるシミです。
一般的なシミ(老人性色素斑)とは違い、形も境界もはっきりしないため、肝斑だと気がついていない場合や、単なるくすみだと思い込んでいるケースもあるようです。

30代~40代の女性に多いシミで、閉経後は薄くなったり消えたりする傾向があります。
老人性色素斑ができる年代でもあるため、併発している症例もあり、診断の難しいシミだと言えます。自己判断で対応するよりも、まずは皮膚科など医療機関へ相談しましょう。

肝斑の原因

実は肝斑のはっきりとした原因はまだ特定されていません。
ただ、女性に多いシミであることや、妊娠やピルの服用をきっかけに発症することがあるため、女性ホルモンが関係していると考えられています。

肝斑の治療法

プラセンタ注射

アンチエイジング効果(細胞の若返り効果)があるエキスを注入します。免疫力増進や滋養強壮にも効果があります。

白玉点滴

美容先進国の韓国などでも注目される、近年話題の美白治療です。

シミ治療についてもっと見る

脂漏性角化症
(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症の特徴

脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)

脂漏性角化症は一般に「年寄りイボ」と呼ばれ、高齢者にできやすいのですが、30代でできる人もいます。
色は薄茶色から、黒に近い色まで幅広く、シミやほくろと区別がつきにくいかもしれません。特徴は隆起してザラザラしていることです。

シミ(老人性色素斑)を放置していると脂漏性角化症になる場合があります。
また、脂漏性角化症は自然消滅することはなく、徐々に大きくなる場合が多いため、小さいうちに治療することをおすすめします。

脂漏性角化症の原因

脂漏性角化症の主な原因は紫外線です。
脂漏性角化症のメカニズムは老人性色素斑と同じで、メラニン色素の蓄積によるものです。
加齢による影響も大きく、80代以上ではほとんどの人に見られる症状です。

脂漏性角化症の治療法

CO2レーザー

蓄積したメラニンを外に出すためには、パワーの強いレーザーの照射が効果的です。短時間できれいに除去することができます。

シミ治療についてもっと見る

シミ・そばかすの治療法一覧

フォト美肌フェイシャル
【初回価格】9800円

当院人気No.1のシミ・そばかす治療です。
特殊なIPLという光を照射して、シミ・そばかすだけでなく、しわ、たるみなど様々なお悩みを同時に改善します。
お肌への負担が少なく、当日はお化粧をしてお帰りいただくことができます。

フォト美肌フェイシャルのシミ治療例

フォト美肌フェイシャルのシミ治療例(治療前)
フォト美肌フェイシャルのシミ治療例(治療後)

※Afterは3回目の施術結果です。

【リスク・副作用】

肌へのダメージや副作用など基本的にはございませんので、ご安心ください。
肌質によっては一時的に赤みや、メラニンに反応してかさぶたができる場合がありますが、数日で落ち着きます。

フォト美肌フェイシャル【初回価格】9800円


成長因子ピーリング
【初回価格】9800円

従来のピーリングと異なり、ダウンタイムがほとんどないピーリングです。
肌表面の改善だけでなく、肌内部の修復も行えるため、肌のハリ、弾力アップ、傷んだ肌の修復、若返り効果が期待できます。

マリアクリニックでは、他にもAHA(フルーツ酸)を使用した「ケミカルピーリング」もございます。

ピーリングによるシミ治療例

ピーリングのシミ治療例(治療前)
ピーリングのシミ治療例(治療後)

※ケミカルピーリング治療の症例

【リスク・副作用】

施術後は、肌が通常より乾燥する場合があります。
万が一、赤みや腫れが生じた場合でも、基本的には24時間以内に消失します。

成長因子ピーリング【初回価格】9800円


美肌再生レーザーフェイシャル
【初回価格】9800円

ロングパルスアレキサンドライトレーザーという低出力レーザーをお顔全体に照射することで、しみ・くすみの改善だけではなく、お肌本来のコラーゲン生成作用を活性化させ、若返り効果をもたらします。

レーザー照射だけではなく、イオン導入や超音波を含めた3ステップ治療で、老化したお肌を強力再生します。

美肌再生レーザーフェイシャルによるシミ治療例

美肌再生レーザーフェイシャルのシミ治療例(治療前)
美肌再生レーザーフェイシャルのシミ治療例(治療後)

※Afterは6回目の施術結果です。

【リスク・副作用】

施術中ゴムで弾かれたような痛みを感じる事があります。
照射後のお肌は敏感になっておりますので紫外線対策を十分におこなっていただく必要があります。

美肌再生レーザーフェイシャル【初回価格】9800円


CO2レーザー

CO2レーザーは、水分に反応するレーザーです。皮膚には水分が多く含まれているため、レーザーを照射すると、水分に反応して熱エネルギーが発生します。
熱によって水分が部分的に蒸発し、皮膚が削れるので、一瞬のうちにシミやイボが除去できます。
皮膚を削るといっても、周りの血液は熱によってすぐに固まるので、ほとんど出血することがありません。
盛り上がりのあるシミにだけではなく、ほくろ、イボ、ウオノメ、ニキビなどの治療にも使用します。

CO2レーザーについて詳しくはこちら>


プラセンタ注射・白玉点滴

プラセンタとは胎盤から抽出したエキスのことで、ホルモンバランスを調整し、お肌の調子を整える効果があります。
コラーゲンやヒアルロン酸など保湿効果を高める成分も豊富に含まれていて、肌のターンオーバーの乱れを正常にすることができる治療です。
ターンオーバーを正常にすることで、シミ・そばかすの原因であるメラニンを、古い角質と一緒に早く外に排出することができます。
レーザー治療と併用していただくことで、再びシミが出来にくい肌を目指せます。

白玉点滴とは、「グルタチオン」という美白効果のある成分を配合した美容点滴で、美容先進国の韓国などでも話題の最新治療です。
グルタチオンにも、同じくメラニンという黒い色素の生成を抑える働きと、加えてビタミンCを活性化させる働きがあるため、美白成分として注目されています。
日本では導入しているクリニックはまだ少ないですが、マリアクリニックではいち早く導入いたしました。
点滴だけではなく、気軽に受けられる注射もご用意しております。

プラセンタ注射・白玉点滴について詳しくはこちら>

シミ・そばかす治療のご予約はこちらから

シミ・そばかすの
レーザー治療の料金表

メニュー名 部位・範囲 1回(税抜) 6回(税抜)
フォト美肌フェイシャル(イオン導入付き) 顔全体 30,000円 162,000円
美肌再生レーザーフェイシャル
(イオン導入+超音波導入付き)
顔全体 27,000円 145,800円
成長因子ピーリング(イオン導入付き) 顔全体 25,000円 142,500円
シミ取りレーザー(CO2レーザー) 1ショット 3,000円 -
高濃度Wケミカルピーリング 顔全体 22,000円 118,800円
メニュー名 部位・範囲 1回(税抜)
脂漏性角化症の治療 3mm以下 5,000円
4mm 6,000円
5mm 7,000円
6mm 8,000円
7mm 9,000円
8mm 10,000円
9mm 11,000円
10mm 12,000円
20mm 20,000円
30mm 30,000円
40mm 40,000円
メニュー名 量・個数 1回(税抜)
プラセンタ注射 1アンプル 2,000円
2アンプル 3,000円
グルタチオン注射
(白玉点滴と同成分です)
1アンプル 2,000円
2アンプル 3,000円
白玉点滴 5,500円

カウンセリングのご予約はこちら

シミ・そばかすについて
よくあるご質問

Q

1回のシミ取り治療で効果が出ますか?

A

CO2レーザーによる治療は、1度の治療で完結することができます。
しかし、レーザー照射した部分がかさぶたになるため、患部にガーゼを貼って数日間過ごすのが難しい方には適しません。

「治療を受けたとバレたくない」
「しわや毛穴の開きもなくしたい」
「その日にお化粧して帰りたい」という方は、一回で劇的な効果はありませんが、徐々にシミが薄くなっていくフォト美肌フェイシャルなどの治療をおすすめしております。

シミの範囲によっても異なりますので、カウンセリングでお気軽にご相談ください。

Q

シミやそばかすを防ぐにはどうしたらいいですか?

A

先天性のそばかすは遺伝が原因であることが多いため、未然に防ぐことは難しいでしょう。
しかし、後天性のそばかすや、老人性色素班などのシミの原因は「紫外線」であることが多いため、UVケアが重要です。

日焼け止めを塗るなどの日焼け対策だけではなく、普段の間違ったスキンケアも肌を痛め、シミやそばかすをできやすくしてしまう原因です。
マリアクリニックでは、正しいスキンケアについても細かくアドバイスをさせていただいています。
施術前の洗顔は、スタッフが横について正しい洗顔方法をレクチャーしていますので、日ごろのケアについてもお肌と一緒に改善していきましょう。

Q

自宅でできるシミやそばかすのケアはありますか?

A

老人性色素斑や肝斑は、基礎化粧品でのケアが、ご自宅でも簡単にできる対処方法です。
しかし、セルフケアだけでシミを薄くすることは根気が必要なため、あくまで補助的なケア、新しいシミを増やさないための予防としてお考えください。
「シミに効果がある」と記載されている基礎化粧品は多々ありますが、中でも「ビタミンC誘導体」が含まれているものがおすすめです。

ビタミンC誘導体には、シミ予備軍を外に出したり、シミになるのを予防する効果があります。
ただし、高濃度になるほど肌への刺激が強かったり、乾燥する恐れがあるため注意が必要です。

また、こうした化粧品でのケアは、そばかすや脂漏性角化症にはほとんど効果がありません。
セルフケアでの改善は難しいため、レーザー治療を行う必要があります。

マリアクリニック安城院

住所

安城市三河安城東町1-27-32
ステータスビル2F


アクセス

JR三河安城駅東口より徒歩12分


電話番号

0566-72-5555
火~土 10:00~19:00 受付


詳細を見る

マリアクリニック豊田院

住所

豊田市神田町1-7-7 1F


アクセス

名鉄三河線
豊田市駅西口より徒歩10分


電話番号

0565-36-4111
火~土 10:00~19:00 受付


詳細を見る